工場移転 撤退 試験機(高温恒湿器)の解体作業・固定資産売却 廃棄ゼロecoでSDGs

資産管理部様からのご依頼「固定資産売却業務」案件。「固定資産売却損」対策として、中古リユース品として買取評価し「固定資産売却損」を達成。

工場の移転撤退で使わなくなった試験機(高温恒湿器)を中古リユース品として買取、それ以外をスクラップ(素材)として買取ることで、廃棄物ゼロを実現した事例

試験機の中古リユース買取に至った経緯:

1:環境試験機の処分をご相談く買取の提案をする

資産管理部様から「導入後の使用期間も長かったことから中古(リユース)品としての買取は難しいのではないか、素材として買取精一杯ではないか」といただき、中古としてニーズ有無を買い手(buyer)ネットワークに確認する。
メーカー・型番・年式は買取に必須となります、それにく加え写真が必要です。

2:中古リユース買取の回答が出来たことでご採用いただく

買い手ネットワークから、中古として買取できる回答があり、その旨クライアントに伝えた上で、併せて、動かない機械や故障のある機械は解体後に素材(スクラップ)としての買取になることもお知らせする。承諾いただいた上で、実施に向けて前進

3:書類事前準備、複数回の現地調査を経て工事に至る
オフィスの什器類と違う点は、
誰にでも触らせてよい、誰でも動かせる物ではないこと。
故に依頼の
注文は厳格。事前の提出資料(資格証明書など作業員名簿、作業工程表、リスク分析対策、何より安全第一の工事にする対策も必須でした

納品・内容:

 重機解体運搬資産の買取 *フロンガスの抜き取り現地作業と廃棄あり


発注から施工納期:
施工納期:3日間
*事前の相談受から実施までは 9ヶ月で工事完了
夏の工場稼働中にご相談を受け、春の工場停止後に作業開始しました。

サービス概要ページ

以下は、弊社のサービス案内ページなります

ザップ遊休資産・休眠資産の買取リユース ザップ原状回復工事の工事費削減

 

pioneer事例

はじまりは、資産管理部様からのご相談でした「捨てるのは勿体無い、会社の資産ですよ」です。その思いは、海を越え海外で活きる第二の人生の始まりとなりました。機械と一緒に「MOTTAINAI」の文化も含めて輸出できていたらいいのですが・・・今回の事例です。

3回現地調査に伺いました、確認事項は多方面から出てきます。明細内容、書式はクライアントのご要望に合わせて対応いたします。機器型番・買取単価を明記致し資産が売却された記録として残ります。動産資産や遊休資産の買取依頼をされる際は、メイカー・機種名(型名)と併せて、年式もいただけると査定がスムーズです。正式回答は現地調査を行いご報告致します。

冷却水用の配管に触れぬよう、慎重に解体作業が始まりました。工場内は、毛細血管の如く配線と配管が施されている為、慎重に機器からの取り外し、解体工事を行わなくてはなりません。今回は対象外でしたが、こうした配管・配線の解体、スクラップ(銅・鉄・アルミ・素材)も対応しております、ご相談ください。工場の解体を行いますと、電線など勝手に持ち出す業者がありますので注意が必要です。

フロンガスを抜き取る作業になります。仕事は仕込み7割、準備と確認は大事なポイントです。慎重に確認しながら進めていきます。補足:フロンガスは、冷媒として広く用いられていますが、一方で二酸化炭素(ガス)とは比較にならないほどの温室効果ガスなのはご承知の通りです。フロンガスには適切な管理が求められ、日本では「フロン排出抑制法」が施行されております。

リフトで荷積み、中古リユース品を先に出します。スクラップと混在ないよう、工場内ではマーキングされています。搬出時の注意としては、丁寧に物を扱う事だけ気を取られ周囲への配慮が不足する事です。試験機だけではなく、工作機械・重機類の移設も対応致しております、お問い合わせください!芯出し作業は専門の技術者にお願いするとして、設置と移動は可能です。

車両費が嵩むのは、大きな物を移動させる為ですが、どの運送会社でも対応ができるわけではありません、専門の会社さんにお願いすることになります。オフィスの移転の場合ですと配送内容によっては、印刷物を運んでいる会社が対応してくれる場合もあり、運搬の汎用性は高いですが、重機搬送は別仕事だといえます。

左写真は、フロンガスのマニフェストA票になります、回収作業後にお渡しする物です。安全対策の要点、フロンガスです。廃棄時にはフロンを含む製品を適切に管理し、専門業者に引き渡すことが義務付けられている為です。フロンガスは使用後に専門業者によって適切に回収され、環境負荷の低い物質に破壊処理されるか、再利用可能な場合は再生処理が行われます。

編集後記:

 特殊な機器であれるほど、リユース(中古品)としての買取は難しくなるケースですが、
buyerネットワークの提案
の賜物でした。
もちろん、毎度、買取値段がつき、
全てリユース(中古品)としての買取が可能になるわけでもございませんが、是非お問い合わせください、現地にて拝見致しまして回答致します。
 併せて今回、「廃棄物ゼロ」を実現できたことに我々達成感を覚えます。中古買取ができなかった機械は、素材(スクラップ)として買取致しました。
フロンガスの現地抜き取り
処分は充填回収業の専門技術者が行いました。マニフェストの通りです。

引き続き、クライアント:資産管理部様からは、グループ会社等、ご信頼を頂戴しております。

ザップ遊休資産・休眠資産の買取リユース ザップ原状回復工事の工事費削減

ザップの事例から問合せ事例

 

新着のお知らせお知らせ一覧